アパート入居者確保のポイントとは?

資産運用目的や相続税節税目的で賃貸アパート経営をやってみようと考えている人は多いかもしれません。しかし、しっかりマネジメントができず赤字になったら本末転倒になってしまうでしょう。まず大切なことは、空室が出ないように入居者を確保することです。信頼できる不動産業者を見つけたり、必要に応じ広告を出すことも大切でしょう。また、空室を埋めるためにあせって身元が不確かな人を入れてしまうと、家賃の滞納リスクが増加したりトラブルの元になりますので、入居審査はしっかりするようにするといいでしょう。

アパートの管理は意外と重要

入居者の確保以外にも賃貸アパート経営には大切なことがあります。その一つがアパートの管理です。家賃の回収や必要な修繕対応はもちろんですが、入居者のゴミだし等のマナーの管理、廊下に雑然と物を置かないようにするといったことも重要です。こういったことが乱れていると、入居希望者が失望して空室が埋まらない可能性もあるでしょう。管理をオーナー自ら行う場合もありますが、ある程度の規模になったら不動産管理会社をしっかり選んで業務委託することがポイントになるでしょう。

アパートの家賃の確保は基本中の基本

賃貸アパート経営の基本は、家賃設定と回収かもしれません。家賃設定を間違えると利益が出なかったり入居者が現れなくなってしまうでしょう。また、回収についてもしっかり管理することが大切です。基本は、入居時の審査をしっかりすることですが、家賃の不払いに関して入居者がトラブルを起こした場合は、毅然とした対応を取ることも必要かもしれません。不動産管理会社にもしっかり方針を伝え、日頃からルールを守ってもらうようにすることが一番のポイントなのではないでしょうか。

賃貸のメリットはお金の安さです。個人でも気兼ねなく利用することができます。一歩でデメリットは期限があるということです。契約はずっと続かないので、更新、引っ越しなどの転換サイクルが短いのが難です。

賃貸アパート経営のポイントとは?入居者と管理と家賃を管理する

Post navigation