壁や柱から伝わる音に注意

マンションで生活する人の多くは、大きな家具を移動させる時や子供が室内を走り回った時、下の階に音が響くのではないかと心配していますよね。もちろん、これらの音も注意すべき音ではありますが、実際はドアやクローゼットの開閉時に出る音のほうが問題です。室内では大きな音が出ることはありませんが、ドアやクローゼット付近の壁の中に鉄筋が使われている場合、すぐ下の階だけでなく、上の階にも音が伝わることがあるので、注意が必要です。

外廊下での子どもの話し声に注意

ワンルームマンションでは問題になることはほとんどありませんが、ファミリータイプのマンションの場合、子どもの外廊下での話し声は時に大きなトラブルに発展します。少子化日本では、子どものいない家庭も数多くあります。ファミリータイプのマンションの住民みんなが子育て中であれば、お互い様となりトラブルになることはあまりないのですが、子育てを経験していない人は大人と違う高いキーの声が苦痛に感じることもあります。子どもだからといって共有部分で非常識な行動を許せない人もいることを頭の片隅に置いておきましょう。

布団たたきの時に出る音に注意

都市部の築年数が新しい分譲マンションの多くは、マンションの景観が悪くなることや、落下の恐れがあることが理由で、布団をベランダに干すことが禁止されていることがあります。ところが実際は住民同士、やはり天日干しのお布団は気持ちがいいので、暗黙の了解でベランダに干していることが多くあります。しかし、ベランダ内側に布団を干すだけであればご近所トラブルになることは極めてまれですが、布団をたたくと大きな音が出るため、騒音トラブルに発展することがあります。特にファミリータイプのマンションでは、小さな子どものお昼寝時間帯の布団たたきは、避けたほうが無難です。

日本3大夜景の1つ、函館山からの夜景が有名な街ですが、今そこにある函館のマンションが注目されつつあります。

マンション生活で気を付けたい、ご近所トラブルになる3つの音

Post navigation