できるだけ徒歩のみで通える場所の物件を選ぶ

一人暮らしをするときに賃貸物件を選ぶと思いますが、学生の場合には絶対に遅刻してはいけません。会社とかであれば、電車の遅刻などはしょうがないと許してくれると思いますが、学校の場合はその学生自体は責められなくても、遅れれば授業が聞けないという問題が起きます。これは学生に非がなくても起きてしまうので、それを避けるには、電車に乗らなくても良い場所に住むということです。徒歩のみで通えれば、電車の遅延も関係ないですし、授業に遅れることも避けやすいでしょう。

ファミレスやファーストフード店が近くにあるか?

学生は自炊する人もいますが、やはり面倒で外食に頼る方も多くいます。そうなると、いつでも食べたいときに外で食べられるようにするには、外食できるお店が近くにないと不便です。いちいち電車に乗らないといけないような場所にあるとお金もさらにかかってしますから。歩いていける距離にファミレスかファーストフード店があるような賃貸物件を選ぶと良いでしょう。1軒くらいは通常はあると思いますが、エリアによっては注意が必要だと思います。

家賃がちゃんと払える範囲か?

やっぱり家賃は絶対に大切です。学生の場合は仕送りにしろ、自分で稼いでいるにしろ、収入が少ないと思うので、そこで見栄を張って、やや高めの賃貸物件に住むと、家賃が払えなくなるというか、それ以外の出費を圧迫する可能性があります。どうせなら良いところに住みたいというのは分かりますが、一人暮らしが初めてだと、生活費にどういったものがどれくらいかかるか?というのが把握できていないと思います。そうなると、家賃以外の出費が考慮できないので、家賃をいくら以内に抑えないといけないということが本人に認識できないと思います。そうなると、適正範囲を超えた家賃の家に住んでしまうということもありえますし、そうなれば、いずれ他のものにお金をかけられなくなり、生活がきつくなり、引越しを余儀なくされることもありますから、毎月の収入総額、家賃以外にかかる費用総額を考えて、家賃はどれくらいまでなら大丈夫か?を導き出しましょう。

森の賃貸マンションには、テレビモニター付きのインターホンが防犯セキュリティとしてあるだけじゃなく強度もある賃貸マンションになっているので、安全に暮らすことができます。

学生が賃貸物件を借りるときに失敗しないポイント3選

Post navigation