外装塗装をする理由とは

時間が経過すれば、外装塗装も劣化します。例えば太陽からの紫外線でもダメージを受ける事になるのです。そもそも外装塗装は、屋根や外壁等を守っています。外装塗装をする事で、家等の建物を守っているのです。しかし塗装は耐用年数があります。新築に施された塗料も、5年から6年で劣化するのです。新しく開発された塗料でも15年ぐらいしか持ちません。塗膜が劣化する事で、雨や紫外線を受ける事で、建物自体が劣化する事になります。

外装塗装をするタイミングについて

リフォームで外装塗装をする場合、タイミングがあります。外壁の吹付けは6年から10年となります。屋根はカラートタンの場合は5年から八年ぐらいです。スレートの場合は10年となっています。木部や鉄部は3年ぐらいが目安です。しかしあくまで目安でしかありません。例えば太陽の光が良く当たる南側があります。この場合は、光が当たらない部分よりも劣化が早いです。風邪の通りやすい場所、湿気等も関連して来ますのでそこを考慮しなければなりません。

具体的な状態での判断の仕方

塗替えのタイミングについて、もっと具体的な状態で判断する方法があります。例えば、表面が粉っぽくなるとそれがタイミングです。表面が粉っぽくなるのはチョーキング現象と呼ばれます。壁に手をつけたら粉が沢山付着するケースです。この状態になったら外装塗装をした方が良いでしょう。さらに表面にヒビが入っていたり、苔が生えて来るようなそれもタイミングの1つです。あからさまに塗膜が剥がれるのもタイミングと言えるでしょう。

アパート塗装なら千葉の業者であれば劣化した部分も、新築のような美しい外観を取り戻せる施工が出来て良いといえます。

リフォームするなら知っておきたい!外装塗装の基礎知識

Post navigation